テフロン®処理防塵固化材技術資料
13/24

-10 -(3)発塵試験と飛散試験との相関表-8、図-3は、防塵性能を調整した各種の試料について、発塵試験および飛散試験を実施した結果を示したものです。この結果から両試験値には明らかな相関関係、すなわち落下によって発塵しやすいものは風によっても飛散しやすいことが分かります。 発塵試験と飛散試験に明らかな相関関係があることから、テフロンⓇ処理防塵固化材製品の品質管理、及び防塵性能の評価には、飛散試験よりも簡易に測定できる発塵試験を採用しています。 表-8 発塵試験結果と飛散試験結果の関係 No. セメント系消石灰系 生石灰系 落下発塵量 (CPM) 飛散抵抗値 (%) 落下発塵量 (CPM) 飛散抵抗値 (%) 落下発塵量 (CPM) 飛散抵抗値 (%) 1 228.0 61 429.0 50 108.0 65 2 190.0 67 627.0 55 35.0 71 3 29.0 73 113.0 59 8.5 78 4 46.0 77 301.0 63 3.5 79 5 17.0 78 17.0 67 1.0 81 6 1.2 92 16.0 73 15.0 83 7 2.0 94 33.0 77 1.5 86 8 - - 3.0 82 1.0 86 図-3 発塵試験結果と飛散試験結果の関係 0.1110100100010000405060708090100飛散抵抗値(%)落下発塵量(CPM)0.1110100100010000405060708090100飛散抵抗値(%)落下発塵量(CPM)Log Y = -0.0657 X +6.18(r=0.91) ☐○△消石灰系生石灰系5~0mmテフロンⓇ処理防塵固化材セメント系X Y

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る