テフロン®処理防塵固化材技術資料
23/24

- 20 - <付録-2> テフロンⓇ処理防塵固化材の飛散試験方法 (1) 試験目的 材料特性としての防塵性能のうち、飛散性を評価する。 (2) 試験項目 テフロンⓇ処理防塵固化材およびその原材料である通常の土質安定材の防塵性能として、飛散性を測定する。ここに「飛散性」は、下記の通り定義する。 飛散性:風の影響を受けた場合の粉塵の飛散しやすさ (3) 試験方法 ① 高さ34cm、幅34cmの箱形風洞(図-2(a))の送風速度を、出口部中央で2m/secとなる様に調整し、その前部に300gの試料を毎秒10gの速度で投入ゲートを介して落下させ、直下部に配置した測定板(34cm×34cm)に残留する試料重量を測定する(測定例:図-2(b))。 ② 直下部測定板に残留した試料重量を全重量に対する百分率で示し当該試料の「飛散抵抗値」とする。

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る